【メールフォームの設置】


●フォームHTMLに以下のタグ記述で簡単にメールフォーム機能を利用できます。

<FORM action="http://mydomain.com/cgi-bin/formzc/formzc.cgi" method="post">(必須)

お名前(氏名・会社名など)<INPUT SIZE="25" TYPE="text" NAME="お名前">(必須)
メールアドレス(Eメール・メアドなど)<INPUT SIZE="25" TYPE="text" NAME="メールアドレス">(必須)

自由にフォーム部品を追加可能

<INPUT TYPE="hidden" NAME="id" VALUE="form">(省略可)
<INPUT TYPE="submit" NAME="flag1" VALUE="送信">(必須)
</FORM>(必須)




■フォームのHTML(フォームの部品)は自由に追加できます。

FrontPage記述例
ホームページビルダー記述例

【HTMLソースでの変更】

サンプルHTML(form.html)をご用意してありますので、ワードパットなどでHTMLソースを開いて自由にHTMLタグを変更修正して下さい。
お客様ホームディレクトリ /public_html/cgi-bin/formzc/form.html
また、新しくメールフォーム用HTMLファイルを作成されて別ファイル名で使用いただくことも可能です。
新しくメールフォーム用HTMLを作成された場合のファイル名・設置ディレクトリに制限はありません。
新しく作成される場合も下記の赤字の部分は必ず挿入して下さい。
HTMLフォームタグ記述の知識が若干必要です。

赤字は必須です。変更しないでそのまま利用下さい。
青字は説明文です。入力不要です。
黒字の部分は自由に修正・変更して下さい。

<HTML>
<HAED>
<TITLE>
</TITLE>
</HAED>
<BODY>

<FORM method="post" action="formzc.cgi">(action=は http://で始まるURLでも可)

お名前(氏名・会社名など)
<INPUT SIZE="25" TYPE="text" NAME="お名前">
メールアドレス(Eメール・メアドなど)
<INPUT SIZE="25" TYPE="text" NAME="メールアドレス">

【例1】1行のテキスト入力フィールド
会社名<INPUT SIZE="25" TYPE="text" NAME="会社名">

【例2】リストボックス(用意されたリストの中から1つを選択)
<SELECT NAME="ご職業">
<option value="営業系社員">営業系社員</option>
<option value="技術系社員">技術系社員</option>
<option value="販売系社員">販売系社員</option>
<option value="役職・管理職">役職・管理職</option>
<option value="自営業">自営業</option>
<option value="その他">その他</option>
</SELECT>

【例3】ラジオボタン(複数の中から1つだけを選択)
性別を選択して下さい
女性<INPUT TYPE=radio NAME="性別" value="女性"checked>
男性<INPUT TYPE=radio NAME="性別" value="男性">

【例3】チェックボックス(複数の中から該当項目を複数選択)
キッズ関連<INPUT TYPE=checkbox NAME="希望のコース" value="キッズ関連"checked>
ヤングファッション<INPUT TYPE=checkbox NAME="希望のコース" value="ヤングファッション"checked>
アダルトファッション<INPUT TYPE=checkbox NAME="希望のコース" value="アダルトファッション"checked>
ブランド品<INPUT TYPE=checkbox NAME="希望のコース" value="ブランド品"checked>
インテリア関連<INPUT TYPE=checkbox NAME="希望のコース" value="インテリア関連"checked>

<INPUT TYPE="submit" NAME="flag1" VALUE="送信">
<INPUT TYPE="hidden" NAME="id" VALUE="form">
<INPUT TYPE="submit" NAME="flag1" VALUE="内容確認">
<INPUT TYPE="reset" VALUE="リセット">
</FORM>

</BODY>
</HTML>

【入力フォーム補足事項】

下記のフィールドNAMEはスクリプト中で予約NAMEとして特定使用しています。

@NAME="お名前"(入力チェックを行い内容が空の場合エラー表示します)
お名前(氏名・会社名など)<INPUT SIZE="25" TYPE="text" NAME="お名前">
お名前(氏名・会社名など)&<INPUT SIZE="25" TYPE="text" NAME="onamae">
NAME="お名前":又はNAME="onamae"
※SIZEの値は自由に設定可能

ANAME="メールアドレス"(入力チェックを行い内容が空の場合エラー表示します)
メールアドレス(Eメール・メアドなど)<INPUT SIZE="25" TYPE="text" NAME="メールアドレス">
メールアドレス(Eメール・メアドなど)<INPUT SIZE="25" TYPE="text" NAME="email">
NAME="メールアドレス":又はNAME="email"
上記以外に変更した場合は、自動応答返信メールがメールエラーで送信できません。 データ管理ほかに一部表示上の不具合が発生する場合がありますのでご了承下さい。
※SIZEの値は自由に設定可能

B通信欄などの複数行入力を設定する場合
通信欄←ここは変更可<TEXTAREA NAME='通信欄' ROWS='7' COLS='60'></TEXTAREA>
その他←ここは変更可<TEXTAREA NAME='comment' ROWS='7' COLS='60'></TEXTAREA>
※ROWS・COLSの値は自由に設定可能

CNAME="item1"(データ管理の一覧表示の項目として指定されます)
DNAME="item2"(データ管理の一覧表示の項目として指定されます)
<INPUT TYPE="hidden" NAME="item1" VALUE="都道府県">
<INPUT TYPE="hidden" NAME="item2" VALUE="電話番号">
※都道府県・電話番号はフォーム中のNAMEで指定した名前
※お名前とメールアドレスは一覧表示項目として初期設定されています。

ENAME="mailok" VALUE="yes"
フォームの入力内容を送信者への自動応答メールにも記載する場合
<INPUT TYPE="hidden" NAME="mailok" VALUE="yes">

FNAME="id" VALUE="form"
1つのスクリプトで複数のメールフォームを設置する場合はメールフォームの種類ごとに"form"を変えて下さい。
【登録フォーム1記述例】<INPUT TYPE="hidden" NAME="id" VALUE="myform1">
【登録フォーム2記述例】<INPUT TYPE="hidden" NAME="id" VALUE="myform2">
※複数フォーム設置の場合は
formzc[フォルダ]内に
 myform1[フォルダ]<777>を作成してその中に
  myform1.log<666> を作成して、パーミッションを設定して下さい。

■管理メニュー

必ず、最初に管理ページへログインしてフォームの管理者メールアドレスを変更して下さい。
初期状態では当社アドレス(または空)となっています。

●導入時は初期設定パスワード「999999」で登録されていますので、必ず変更して下さい。
●データ最大記録件数 99999件まで記録可能

●データ一覧表示

お名前・メールアドレス・送信日時などが一覧で表示されます。
お名前をクリックすると、該当データの全内容が表示されます。
メールアドレスをクリックすると、該当アドレス宛てメール作成ウィンドウが開きます。
データ一覧表示は1ヶ月単位で年月を指定して表示できます。

●データ削除について

削除をクリックすると該当データが削除されます。
上記削除を行った場合通常ファイルから内容削除されデータ一覧に表示されなくなります。 上記削除を行った場合でもバックアップファイル内のデータは削除されません。